読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のすべてを君が変える

ジャニーズって最高だな〜〜!!(大の字)

大倉くんの一件で3年前のあの悲劇を思い出した。

舞台 Hey!Say!JUMP 有岡大貴

こんにちは。一昨日のスマスマ生放送見ました。まあ、言及はしません。ぶっちゃけ、目を背けているので詳細を知らないんですよね。なので何も言えないのが現実です。

もう本題に入ります。暗くなる話題かもしれませんができるだけ明るく書いていきたいと思います!!!!

1月17日に行われた関ジャニエイトのオーラス公演。大倉さんが急性腸閉塞になって急遽公演をお休みしたという情報を私もツイッターで知りました。私はそれを見てある日の出来事を思い出しました。




4年前に始まったジャニーズワールド。当時はHey!Say!JUMPが座長を務めていました。私は見るたびにこの舞台の虜になり、あと2公演入ることは決定していたもののどうしてもあと1公演増やしたいと思ってしまい、バイトのない日を見つけ出し懐かしの「Jチケ」に申し込みました。(あんなオタクに優しいシステムをなぜ廃止にしたのか未だに謎)ちなみにこれ思い立って申込までの流れすべて授業中だから当時高校生の自分なめてるなと思います。

奇跡的に当選した私。あれは忘れもしない1月10日の公演でした。
当選した数日後、金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件のイベントが帝国劇場で行われるというメールが届き当時熱狂的なありやま厨だった自分は学校という現実は置いといて応募しました(とことんなめてる)ていうか当たる気がしてなかったのでとりあえず当たってから考えようっていうスタンスだったんですよね。

それはもう夜中だった気がします。私のもとに届いた一通のメール。そこには当選という文字がありました。布団の中で「どえ!?!?!?!?」とリアルに声が出た記憶があります。さあてどうしましょう。全体的に高校生活はなめて過ごしてたんですけど私欠席というものを3年間したことがなくて地味に無欠席だったし(といったものの高1の担任が超絶厳しくてお腹痛すぎてトイレに籠ってたらチャイム鳴っちゃって事情を説明してもダメで遅刻にされたことがあるのでこの時点で皆勤は無理)親もイベントで休むことを許してくれるタチでもないので何も言わず休みました!!!!クズ。
担任には適当に体調悪いとかなんとか言って休みました。とことんクズ。



このイベントが1月9日そしてジャニワは1月10日。二日連続で有岡くんに会える!!!!こんな幸せなことがあっていいのか。それはそれは有頂天でした。金田一イベントは最高に楽しくて幸せでずっと浮足立ってたんですけど夜見たジャニワのレポでは「有岡超具合悪そうだった」「ほぼ自力で立ててなかった」ってなってて、、、茫然でしたね。数時間前まで笑顔で私たちの前に立っていた有岡くんがまさかの体調不良。頭が真っ白になったしそのレポを読んだオタクの友達から大量のラインが来てただひたすらに泣いた気がする。

 

そして次の日友人たちにはイベントにいくことは伝えていたので担任の前ではクラス総出で私は病人だという演技をしました。(女子クラスだった分、団結力が半端じゃなかった)これもまた授業中だった気がしますが呑気に開いたツイッターに有岡くんがジャニワ欠席という張り紙が載ってたんですよね。体調が悪いということは知っていたものの有岡くんのことだから一日寝れば治るんじゃないかと思い込んでいました。でもよく考えれば3ヶ月ほとんど休みのない中で舞台をこなしていて体調管理もくそもなかったんですよ。この日は高木くんも体調不良、裕翔くんはドラマの撮影で欠席でした。昼の部はセクゾの3人も別仕事で欠席だったので本当に有り得ないくらい人員不足だったと思います。

授業中で声は出せなかったので寝たふりをして泣いてました。これから見に行く公演に自分の応援している人がいないなんて想像すらしてなくて。今まで現場に行けば当たり前に彼はステージに立っていたのでもう本当にどうしたらいいかわかりませんでした。
正直行くのをやめようかとも思ったんですけどね。それでもジャニワが大好きなことには変わりなかったので行くことに決めました。絶対に泣くだろうと自分で分かっていたので化粧は必要最低限にしていきました(準備万端www)まあ案の定始まってみたら本来有岡くんがいるはずの場所が空いてるわけですから泣きますよね(笑)本当に自分でも想像していた以上に泣いてました。なんならほぼ嗚咽。隣の方に超心配されたので気が狂うくらい泣いたんだと思います。

百花繚乱でキューブフライングをしていた有岡くん。誰が代役なんだろうとドキドキしていたらキューブフライングなかったんですよ。そこでこの人は急遽じゃ代役をたてられないほど大切な役割を果たしていたんだなと思いました。
また水太鼓やほかのシーンのセリフなどもメンバーがカバーしてくれてて舞台を続けるためには当たり前のことなんだけど、優しさが身に沁みて本当に嬉しかった。SHOCKパロもなかった気がする、、、
あとなにより今まで有岡くんしか見ていないと言っていいほどほかのメンバーを見ていなかったからいい機会だと言い聞かせて双眼鏡を使わずに全体を見るようにしたんです。このとき初めて気づいたんですけど私、山田くんがセットにぶつかるシーンすら見たことなかったんですよ。本当に有岡くんしか見てないな自分ってこのときちょっと怖くなりました。

いないことは確かに悲しかったけど今まで知らなかった出演者の頑張りをこの目で見ることが出来てうれしかったです。会えることは当たり前じゃない、ってこのとき嫌になるくらい痛感しました。だからもっと会いに行けることを大切にしようって思えたことは収穫です。

今回のエイトのコンサートでは途中で帰る大倉担の方がいたそうですが、なぜ帰ったのか理由は本人じゃないと分からないと思うんですよね。大倉くんがいないなんて興味ないし帰るわ。って人ももしかしたらいるかもしれないですけど大好きな人に会えると思って現場に行ったら今日はお休みですって言われたら誰もがパニックになると思うんです。涙が止まらなくて立っていられなくなってコンサートどころではなくなってしまう人だっていると思うんですよね。だとしたら、周りに迷惑をかけてしまうと考えて会場をあとにした人がいたとしたら心無い暴言をSNSに書き込んだ人って心底自分の感情だけで生きてるなって思います。

舞台とコンサートが違うことも分かっているのであの時の私の経験と今回の大倉担の経験は別物だと思うんですが、自担がいない悲しみだけは痛いほどわかるので今回更新させてもらいました。

メンバーが大倉くんネタを所々に挟んでくれて盛り上げてたレポを読んでグループって本当に温かいなあと思いました。舞台は演技をしているので何事もなかったように「show must go on」精神で進んでいったのでもしコンサートに有岡くんがいなかったらそれはまた違う感情になったんじゃないかなと思います。


偉そうなこと言いますが
自分の応援している人が常にステージにいるわけじゃない
っていうのを知っておいてほしいです。別にやめてしまうとかそういうことではないです。彼らも人間なので体調は崩しますからね。健康第一でこれからも私たちに夢を見させていただきたいです。

今回の一件で私自身また考え直す機会ができてよかったです。
ああ、無性に有岡くんに会いたくなってきた、、、